将来に向けて努力する場が得られる通信制高校

通信制高校が利用できなかった頃

通信制高校の存在は、知らない人もまだまだ多そうです。ひと昔前は、ほとんどの人がまったく知りませんでした。ずっと昔からあったんですが。しかし数がごくわずかしかなく、存在も知られていなかったため、高校を中退することは大問題で、中退したら、大検を受けるしか道がない、とほとんどの人が思い込んでいました。大検は、相当な秀才が猛勉強してようやく受かるレベルでした。現在は、高校を中退する生徒に対し、高校側が通信制高校を案内することが多くなっています。

道がなければ努力のしようがない

高校卒業資格があるのとないのとでは、仕事の選択のうえでかなり違います。高校と言っても千差万別で、高校卒業資格が学力としてそう当てになるものではないのですが、企業は取りあえず、高校卒業資格を求める傾向にあります。卒業までの過程をたどった、ということを評価するからでしょうか。高校を中退して、高校卒業資格をなんとか取りたいと願っても、大検のような道しかないなら、事実上、先は閉ざされていたようなものです。

通信制高校で卒業資格を

現在は数多くの通信制高校があり、少なくとも高校を中退することになった生徒は、その存在を知ることができます。高校中退は、人生の一大事でもなくなり、残った単位を通信制高校でとれば高校を卒業できるので、以前に比べたらたいした問題ではなくなりました。ただ、この道が用意されるようになったというのは、たいへん幸運な状況です。あって当たり前のものとして軽く見るのではなく、その機会を十分に活用してほしいものです。

通信制高校は最短3年で卒業することができます。日々の通学が難しい方でも、課題やネットでの学習、自分に合った回数のスクーリングで学べます。

標準