コストを押さえるためには要一考!信用取引における金利軽減方法

金利は信用取引における隠れた損失要因

信用取引は現物取引では行えないような株取引が行える、利便性が高い取引手法として知られています。しかし、損失が拡大しやすいため、現物取引とは比べ物にならないリスクコントロールが必要になってきます。一方で信用取引においてはコスト面の抑制も重要です。特に建玉の保有期間に応じて賦課される金利は雪だるま式に拡大しやすいのですが、特に信用取引初心者ではここまで思いが至らない人は少なくありません。金利は信用取引における隠れた損失要因であると言っても良いでしょう。

金利がかからない証券会社、取引銘柄を選ぶ

金利が信用取引におけるリスクの一つであるのならが、それがかからない証券会社を選べば良いというのは、まず最初に思いつく方法でしょう。実際、ある程度は金利を押さえるのに効果がありますが、必ずしも有効打とは言えません。金利は証券会社の恣意性が及びにくい側面があるからです。他方、証券取引所が指定している制度信用取引の銘柄を取引するようにすれば、取引銘柄は限られてくるものの、金利の抑制につなげることができます。

取引スタンスによって金利を抑制する

金利がかさむのは、信用取引の建玉を保有し続けた場合です。つまり、保有期間が短ければ短いほど、信用取引にかかる金利は減少します。そもそも個人投資家にとって、信用取引は構造的に銘柄の長期保有に向いていません。デイトレードやスイングトレードなどの短期トレードを主体に運用すべきなのです。証券会社の中には、デイトレードであれば信用取引において金利を取らないシステムを導入している所もあるので、取引のスタンスを見直すと同時に、そういった証券会社を利用することを考えてみてはどうでしょう。

株の信用取引の金利は、専門業者の基準によって、大きなバラつきがあるため、仲介手数料の相場を上手く知ることが大事です。

標準