相続財産についての把握をすることについて

税理士に相談をしましょう

相続に関する相談をするところといえば、まずは税理士です。これは基本中の基本ではありますが、実は財産の把握、そして、係争になってしまったときには弁護士がよい、ということも覚えておく価値があります。相続というのは揉めることがありますから、それに備えておく、というのは十分に意味があります。いうまでもありませんが、これにはお金が掛かる行為になります。それでも考えておくべきですし、相続財産がある人にはお勧めできます。

節税をすることについて

相続税も十分に節税をすることができます。色々と方法がありますが誰にでもやりやすいこととしては贈与があります。贈与税というのもあるのですが、実は非課税分もありますから、その分をやることによって毎年相続するべき財産を一部、非課税で譲れるようになっています。これならば子供の数だけ、孫の数だけそうしたことができるので、かなり財産を非課税で渡せるようになります。いくらかの注意点はありますが、実に良い方法であるといえます。

相続人が多ければ多いほど

相続人が多ければ多いほど、基本的には控除額が多くなります。個人に対してそうしたことができるようになっているからです。また、節税の方法として法人化する、という方法もあります。これは実体のある企業体である必要がありますが例えばマンション経営でもよいですから、そうした形で相続させればかなり円滑に行えるようになります。金額もそうなのですが、とにかくもめることが多いのが、相続という行為ですから注意しておきましょう。

相続の申告を税理士に任せれば、後々面倒な事態になることがありません。依頼をするときには、相続に強い税理士を選ぶことが重要です。

標準