J-REITに関するちょっと詳しい情報!

倒産の可能性もあり!

最近の株式市況に関する報道では、J-REITやJ-REIT関連投資信託ファンドの話がよく出てくるようになっています。そこで、J-REITについては、だいたいのことは判るのだが、もう少し詳しい話を聞いてみたいという方もおられるのではないでしょうか。そこで、ここではJ-REITに関する少し詳しい情報を御紹介していくことにしましょう。まず、J-REITと言っても、一般の会社と同じように法人会社ですから、倒産する可能性はあります。

地震や火災のリスク!

ですから、このようなリスクが表面化した場合、価格が著しく下落する可能性があります。また、J-REITは他の上場会社と同じように、証券取引所に上場していますから、証券取引所が定める上場基準に抵触した場合には、上場廃止となる可能性もあります。そして、上場廃止となった場合には、売買などの取引をすることが著しく困難になる可能性もあるわけです。それから、地震や火災などによって保有物件が被害を受けるというケースも考えられます。

J-REIT運用会社の種類

このような場合には、該当J-REITの価格が下落したり、分配金が減ったりするといことも考えられるわけです。それから、どのような会社がJ-REITの運用会社となっているのかと言いますと、まず財閥系の大企業というものがあります。これら財閥系J-REITの場合には、系列会社が開発した不動産を取得しやすいというメリットがあります。次に、独立系のJ-REIT運用会社というものもあります。このタイプのJ-REITの場合には、特定の系列に偏らない中立性のメリットがあると言えるでしょう。

j リートのファンドは、専門知識を有するプロによって運用されているため、個人が不動産を持つことに比べて低リスクです。また、証券化されているため実物件維持に伴う諸経費も掛かりません。

標準